THE MICRO HEAD 4NSはヴィジュアル系ロックバンドである。2011年に結成され、12月SHIBUYA O‐EASTにてライブ活動をスタートさせた。メンバーはギターのKazuya、SHUN.、ベースのZERO、ドラムのTSUKASA、2代目ボーカルNimoの5人組である。2012年デビューアルバム「A BEGINNING FROM THE END」をリリースし、東名阪をめぐる「THE MICRO HEAD 4NS tour 2012 A BEGINNING FROM THE END」が開催された。2015年初代ボーカルのRickyが脱退し、現ボーカルのNimoが加入。THE MICRO HEAD 4NSの第3章がスタート。今後の活動から目が話せない。

マイクロヘッドフォンズの日程

83人が登録中

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

マイクロヘッドフォンズのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/20 00:00更新)

THE MICRO HEAD 4NSについて

THE MICRO HEAD 4NSの魅力とは

THE MICRO HEAD 4NSは、メンバー全員が他のバンドにてキャリアや実力を積み上げ、新たなスタートとして集まった5人組のヴィジュアル系バンドである。

メンバーはボーカル担当のNimoでAの元メンバー、ギター担当のリーダーKazuyaはFANATIC◇CRISISの元メンバー、同じくギター担当のSHUN.もFANATIC◇CRISISの元メンバー、ベースのZEROはDespairsRayの元メンバー、ドラムのTSUKASAもDespairsRayの元メンバーである。TSUKASAはDespairsRay解散後、名前を最上川 司と変更し、幼い頃からの夢であった演歌歌手を本核的に目指していた。しかし挫折を味わい夢を断念。そんな時、前バンドのメンバーZEROに声をかけられTHE MICRO HEAD 4NSの一員として加入することになる。前バンドからのファンにも演歌の腕前を認められていたTSUKASA。バンド活動を始めて半年ほどたった頃、バンドリーダーのKazuyaに演歌への熱い想いを打ち明けると「夢のままで終わらすのはもったいない」と言われ、メンバー協力のもとヴィジュアル系ロックバンドドラマー&演歌歌手というこれまでにない存在として最上川司がデビューした。デビュー作では作詞も手掛け、有線演歌部門での問い合わせランキングで堂々の1位を獲得。

THE MICRO HEAD 4NSもライブではチケットが売り切れるなど人気急上昇中のバンド。気になった人はぜひツアーに参戦してみてはいかがだろうか。

マイクロヘッドフォンズが好きな方はこんなチケットもおすすめ