漫画やアニメ、ゲームなど2次元の世界を3次元で表現する舞台は2.5次元ミュージカルと称され、人気になっています。憧れのキャラクターに扮したキャストによる演技は、まるで2次元そのもの。今まで超えることができない画面や紙面の向こうにいたキャラクターを身近に感じられるとあって、2.5次元ミュージカルは大ブームになっています。2.5次元ミュージカルの礎となる作品といえば、宝塚歌劇団による「ベルサイユのばら」やミュージカル「美少女戦士セーラームーン」があげられますが、火付け役となったのはなんといってもミュージカル「テニスの王子様」でしょう。初演から10年以上経つ現在もキャストを変え、公演がおこなわれています。最近では舞台にショー的な要素を加えたライブエンターテインメントとして上演されることが多く、公演ごとにリリースされるミュージカルナンバーのCDなど関連グッズの売れいきも好調です。ステージを体感すれば今までにない作品の魅力を発見できるかもしれません。

2.5次元ミュージカル人気のチケットランキング

あ〜お

  • あんさんぶるスターズ!は、男性アイドルを育てる名門校「私立夢ノ咲学院」を舞台に、個性的なアイドルたちをプロデュースしていくゲームアプリだ。本作は2015年春の配信スタート以降、ダウンロード数100万を記録した人気作品とし…

  • おおきく振りかぶっては、原作ひぐちアサによる野球漫画作品である。この原作を元にテレビアニメやゲーム作品化されている人気の作品である。本作はこの原作を舞台作品として2018年2月より「おおきく振りかぶって」を東京・サンシャ…

  • 「陰陽師」とはスマホアプリとして2016年に登場し世界的大ヒットを記録し、そのアプリを原作に2018年には舞台ミュージカルとして公演が決定する人気作品である。舞台は人間と妖怪が共に生きる平安時代。日に日に妖怪に脅かされて…

か〜こ

  • 松本零士の生み出した魅力的なスーパーヒーロー・キャプテンハーロック。キャプテンハーロックの新たな旅を描く作品としてリメイクされ、松本零士原作・総設定・デザインのもと2014年から月刊チャンピオンREDにて連載されているの…

さ〜そ

  • サトラレは、原作者である佐藤マコトによる漫画作品。2001年3月に映画化され、映画「サトラレ TRIBUTE to a SAD GENIUS」という題名で公開された。監督は「踊る大捜査線シリーズ」の本広克行、脚本は「相棒…

  • 「しゃばけ」とは原作が推理作家の畠中 恵、イラストが挿絵作家の柴田ゆうのファンタジー時代小説である。原作小説は現在までに外伝を除いて13作品まで刊行され現在も「小説新潮」にて連載中。非常に人気の高い作品で単行本は累計67…

た〜と

な〜の

  • 忍者学校を舞台に、生徒たちが繰り広げるギャグと笑いの人気アニメ「忍たま乱太郎」。その「忍たま乱太郎」の世界をミュージカル化し、迫力のアクションシーンと歌で華麗に表現したのが「ミュージカル忍たま乱太郎」だ。略称は「忍ミュ」…

は〜ほ

  • ハイキュー!!は、少年ジャンプに掲載されている高校バレーボールを題材にした物語だ。主人公の日向翔陽は、小学生の頃テレビで見た春の高校バレーで活躍する烏野高校のエース「小さな巨人」に憧れバレーボールを始め憧れの烏野高校へと…

  • ハンドシェイカーは、アニメイト30周年記念作品として、GoHands、フロンティアワークス、KADOKAWAの共同原作により、スタジオGohandsが制作するTVアニメ作品だ。西暦20XX年のOSAKAを舞台に、ハンドシ…

  • 舞台「パタリロ」とは埼玉県を面白おかしく描いた「翔んで埼玉」で人気を博した漫画家・魔夜峰央のギャグ漫画「パタリロ」を舞台化したものである。パタリロは、白泉社発行の少女漫画雑誌「花とゆめ」に1978年から連載を開始し現在も…

  • 「文豪ストレイドッグス」とは実在の作家「文豪」を新たなキャラクター化し、同時に不思議な力を持つ人物として描くアクション満載の漫画作品。2013年から朝霧カフカ原作により連載を開始。異色の設定が多くのファンを集め2016年…

  • 監獄学園(プリズンスクール)は、、平本アキラによる漫画作品であり、それを原作としたアニメ、ドラマならびにミュージカルである。原作となる同名の漫画は、2011年から講談社の週刊ヤングマガジンで連載されており、コミックスの累…

  • ミュージカルヘタリアは、幻冬舎コミックスで400万部ものヒットを記録した大人気漫画「Axis Powers ヘタリア」を舞台化した作品である。この漫画はアニメ化もされており、根強いファンが多い。脚本を舞台「弱虫ペダル」や…

や〜よ

  • 「夢王国と眠れる100人の王子様」とは、「夢100」の通称で親しまれる女性向けパズルRPGだ。2015年にリリースされ、同年には200万ダウンロードを記録している人気作品である。主人公は夢世界に誘われ「トロイメア」の姫と…

わ〜ん

  • 「私のホストちゃん」は、アメーバモバイル内のゲームを原案とした作品である。テレビ朝日にて2011年10月から2012年3月までノンフィクションスタイルで放映されたドラマ「私のホストちゃん しちにんのホスト」でリアリティの…

2.5次元ミュージカル公演情報

アニメと現実の間 2.5次元ミュージカルの魅力について

「2.5次元ミュージカル」は2次元の漫画やアニメ作品を原作とし、3次元でその世界観を表現したライブエンターテインメントだ。漫画作品をミュージカル化した最古の作品は「ベルサイユのばら」である。この作品は1974年に宝塚歌劇団によって上演され、2014年には通算観客動員数500万人を超え、現在も宝塚劇団史上最大のヒット作として知られている。また1980年には松竹歌劇団によって「銀河鉄道999」が舞台化されており、2次元の作品を原作としたミュージカルは古くから人々に愛されてきたことが分かる。

漫画を原作としたミュージカルの知名度を急上昇させたのは、テニミュの愛称で知られる「ミュージカル テニスの王子様」であった。本作品が初演されたのは2003年であったが、「2.5次元ミュージカル」という名前が一般的になったのは最近である。2014年には「日本2.5次元ミュージカル協会」が設立されており、これからは海外も視野に入れた発展が見込まれることだろう。2.5次元ミュージカル化された作品は「美少女戦士セーラームーン(セラミュ)」「忍たま乱太郎(忍ミュ)」「薄桜鬼(薄ミュ)」などシリーズ化している人気作品をはじめ、「NARUTO」「おそ松さん」「弱虫ペダル」「バイオハザード」など多くの有名作品が舞台化されている。これらの出演をきっかけにブレイクする若手俳優も多く、出演者にも毎回注目が集まっている。70年代から歴史を受け継ぐ「2.5次元ミュージカル」は、これからも多くの人々を魅了し続けるだろう。