漫画やアニメ、ゲームなど2次元の世界を3次元で表現する舞台は2.5次元ミュージカルと称され、人気になっています。憧れのキャラクターに扮したキャストによる演技は、まるで2次元そのもの。今まで超えることができない画面や紙面の向こうにいたキャラクターを身近に感じられるとあって、2.5次元ミュージカルは大ブームになっています。2.5次元ミュージカルの礎となる作品といえば、宝塚歌劇団による「ベルサイユのばら」やミュージカル「美少女戦士セーラームーン」があげられますが、火付け役となったのはなんといってもミュージカル「テニスの王子様」でしょう。初演から10年以上経つ現在もキャストを変え、公演がおこなわれています。最近では舞台にショー的な要素を加えたライブエンターテインメントとして上演されることが多く、公演ごとにリリースされるミュージカルナンバーのCDなど関連グッズの売れいきも好調です。ステージを体感すれば今までにない作品の魅力を発見できるかもしれません。

2.5次元ミュージカル人気ランキング

公演間近!

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

あ〜お

  • あんさんぶるスターズ!は、男性アイドルを育てる名門校「私立夢ノ咲学院」を舞台に、個性的なアイドルたちをプロデュースしていくゲームアプリだ。本作品は2015年春の配信スタート以降、ダウンロード数100万を記録した人気作品と…

  • 犬夜叉 (521)
    8,499円/枚〜

    「犬夜叉」は高橋留美子の人気漫画が原作の舞台だ。「うる星やつら」や「めぞん一刻」、「らんま1/2」など数多くのヒット作を持つ日本を代表する漫画家・高橋留美子の第5作目として発表され、テレビアニメ、映画と幅広く展開。10年…

  • 王室教師ハイネ (104)
    3,000円/枚〜

    「王室教師ハイネ」は、赤井ヒガサの人気王室コメディ漫画を原作とした舞台だ。2016年にアニメ化が発表され、2017年より放送される。主人公のハイネの声を務めるのは、第19回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリ…

  • ALL OUT!! (172)
    1,000円/枚〜

    「ALL OUT!!」(オールアウト) は、2013年から連載中の雨瀬シオリによる漫画作品だ。今作品は2016年にテレビアニメ化が決定されており、千葉翔也(祇園健次)、安達勇人(石清水澄明)、細谷佳正(赤山濯也)、八王子…

  • ヴァンガード (203)
    4,000円/枚〜

    「カードファイト!!ヴァンガード」は、ブシロードが手がけるトレーディングカードゲームであり、漫画・アニメ・テレビ番組などのメディアミックス作品のタイトルでもある。作品のキャッチコピーは「イメージせよ!勝利の道を!」。通称…

か〜こ

  • 黒薔薇アリス (69)
    5,000円/枚〜

    「黒薔薇アリス」は水城せとな原作の漫画。人間の死体に寄生する“吸血樹”の繁殖を題材にしたファンタジーだ。秋田書店の「月刊プリンセス」で連載され6巻まで発売された。主人公のテノール歌手ディミトリが事故に遭った後ヴァンパイア…

さ〜そ

  • 「錆色のアーマ」とは、前代未聞の逆2.5次元とも呼べる異色のプロジェクトである。世界に誇る文化の一つとなっている漫画やアニメ、ゲーム。これらを原作として展開されるのが、2.5次元舞台だ。しかし本作は本来の2.5次元舞台と…

  • SHOW BY ROCK!! (22)
    5,800円/枚〜

    サンリオ初のキャラクタープロジェクト「SHOW BY ROCK!!」。音楽&バンドがテーマになっており、音楽を制するものが王として君臨する都市MIDICITYを舞台に、トップスターを夢見る少年少女たちの物語が繰り広げられ…

  • シリーズ累計400万部の売り上げを誇る、神永学原作の人気小説シリーズの「心霊探偵八雲」。漫画やテレビアニメ、テレビドラマ、ドラマCD化されるなど、ますますその人気が拡大している本シリーズですが、2008年には書き下ろしの…

  • 「スタミュ(高校星歌劇)」は、2015年10月に放送された完全オリジナルのミュージカルテレビアニメ。音楽の名門・綾薙学園のミュージカル学科を目指す青年たちの青春を描いた作品だ。2017年にはアニメ第2期の放送も決定。新キ…

  • プレイステーション用のゲームソフトとして発売され、人気を博した「ダンガンロンパ」。ゲームソフトとして高い人気を誇った「ダンガンロンパ」は、ゲームの世界を飛び出し、2013年にテレビアニメ化されるとその人気はさらに上昇し、…

た〜と

  • ダイヤのA (448)
    4,800円/枚〜

    「ダイヤのA(エース)」の原作は、漫画家寺嶋裕二が「週刊少年マガジン」に連載中の野球漫画だ。主人公の沢村栄純が己の力を試すために仲間に別れを告げ、野球名門校・青道高校の扉を叩き、己のすべてをかけた誇り高き球児たちと切磋琢…

  • 男水 (260)
    3,000円/枚〜

    男水とは、高校競泳の漫画を原作とする舞台、ドラマだ。舞台、ドラマともに部長である主人公、榊 秀平を演じるのは2012年ミュージカル「薄桜鬼」で主演を務めた松田 凌だ。舞台を中心に活躍している彼は、整った顔立ちはもちろんの…

  • Dance with Devils(ダンデビ)は、2015年10月から放送されているアニメ作品だ。本作では四皇學園に通う高校2年生・立華リツカが、615年に1度の満月の夜に真価を発揮するという謎に包まれた魔導書「禁断のグ…

  • 「ちるらん 新撰組鎮魂歌」は梅村真也原作、橋本エイジ作画による同名漫画が原作の舞台だ。2012年から「月刊コミックゼノン」にて連載中の本作。1912年に女性記者が松前藩士の永倉新八から聞き出した伝記が基になっており、新撰…

  • 各月をイメージしたキャラクターによる楽曲とオリジナルのミニドラマを提供する「ツキウタ。」男性キャラクター版、女性キャラクター版とそれぞれの舞台と物語が存在している。提供される楽曲の担当は音楽動画などで若者に圧倒的な人気を…

  • ミュージカル テニスの王子様は、週刊少年ジャンプで連載された許斐剛による少年漫画「テニスの王子様」を舞台化したミュージカルである。初演から2014年までに、観客動員数170万人を突破している。「テニミュ」の愛称で親しまれ…

  • 刀剣乱舞とは、女性層を中心に大きな支持を受け全国に刀剣ブームを巻き起こしている、「艦隊これくしょん-艦これ-」でも有名なDMM.comが配信する名刀を擬人化した「刀剣男士」を収集・強化し、合戦場の敵を討伐していく刀剣育成…

  • TRICK STER the STAGEはアニメ化やコミック化されている大人気作品「TRICK STER」の舞台である。元々の原作は江戸川乱歩の「少年探偵団」が原案になっている。しかし、今回の舞台化を含め実写映画化なども…

な〜の

  • ナルト(NARUTO) (1176)
    4,000円/枚〜

    「NARUTO (ナルト)」は、岸本斉史による日本の漫画作品。忍同士が超常的な能力を駆使したド派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画。主人公と仲間との友情、裏切りと復讐、師弟や家族の絆が中心として描かれ、忍の世界とそ…

  • 忍たま乱太郎 (239)
    5,500円/枚〜

    忍者学校を舞台に、生徒たちが繰り広げるギャグと笑いの人気アニメ「忍たま乱太郎」。その「忍たま乱太郎」の世界をミュージカル化し、迫力のアクションシーンと歌で華麗に表現したのが「ミュージカル忍たま乱太郎」だ。略称は「忍ミュ」…

は〜ほ

や〜よ

  • 弱虫ペダル (17)
    6,500円/枚〜

    舞台「弱虫ペダル」は渡辺 航による大人気スポーツ漫画を原作とした舞台作品だ。近年増加傾向にある自転車愛好家にも絶賛される物語は、一人の孤独な少年が、ふとした巡り会わせで入部した高校の自転車競技部が主軸となっている。ただの…

2.5次元ミュージカル公演情報

アニメと現実の間 2.5次元ミュージカルの魅力について

「2.5次元ミュージカル」は2次元の漫画やアニメ作品を原作とし、3次元でその世界観を表現したライブエンターテインメントだ。漫画作品をミュージカル化した最古の作品は「ベルサイユのばら」である。この作品は1974年に宝塚歌劇団によって上演され、2014年には通算観客動員数500万人を超え、現在も宝塚劇団史上最大のヒット作として知られている。また1980年には松竹歌劇団によって「銀河鉄道999」が舞台化されており、2次元の作品を原作としたミュージカルは古くから人々に愛されてきたことが分かる。

漫画を原作としたミュージカルの知名度を急上昇させたのは、テニミュの愛称で知られる「ミュージカル テニスの王子様」であった。本作品が初演されたのは2003年であったが、「2.5次元ミュージカル」という名前が一般的になったのは最近である。2014年には「日本2.5次元ミュージカル協会」が設立されており、これからは海外も視野に入れた発展が見込まれることだろう。2.5次元ミュージカル化された作品は「美少女戦士セーラームーン(セラミュ)」「忍たま乱太郎(忍ミュ)」「薄桜鬼(薄ミュ)」などシリーズ化している人気作品をはじめ、「NARUTO」「おそ松さん」「弱虫ペダル」「バイオハザード」など多くの有名作品が舞台化されている。これらの出演をきっかけにブレイクする若手俳優も多く、出演者にも毎回注目が集まっている。70年代から歴史を受け継ぐ「2.5次元ミュージカル」は、これからも多くの人々を魅了し続けるだろう。