21g(トゥエンティワングラムス)はSIAM SHADEのベーシスト兼リーダーとして知られるNATCHINが2014年に結成したバンドである。21gとは20世紀初期のアメリカの医師ダンカン・マクドゥーガルが行った、魂の重量を計測しようとした実験に由来。魂が抜けたあとの肉体は21g軽くなっているということでその重さと言われている。この21g以上の魂を目指してこれからも生きて行こうじゃないかという熱い思いのこもった4人が集まったバンドだ。メンバーはGeno(Vo.)、NATCHIN(Ba.)、mi-ya(Gu.)、Act.(Dr.)。21gは高田馬場club PHASEで行われたワンマンライブやCHAIN THE ROCK FESTIVAL 2016への参加などライブ活動も積極的に行っている

21gの日程

5人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

21gのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 18:00更新)

21gについて

21gの魅力とは

21gはSIAM SHADEのベーシスト兼リーダーとして知られるNATCHINが結成したバンド。バンド名の由来となっている21gは、魂の重さだ。人間の魂が抜けたあとの肉体は21g軽くなっているといわれており、これは映画のタイトルでも使用され話題となった。たった21gの魂であるが、生きているうちに命を目一杯輝かせ、魂を鍛えることで、もしかしたら分量は増えるかもしれない。この21g以上の魂を目指してこれからも生きて行こうじゃないかという熱い思い、メッセージのこもったバンドだ。メンバーはGeno(Vo.)、NATCHIN(Ba.)、mi-ya(Gu.)、Act.(Dr.)の4人。中でも目を引くのが終始緑の仮面を付けたボーカルのGeno。PVなどでは仮面を半分ずらしていたりするものの、その顔の全貌はなかなか拝むことは出来ない。が、正体は仮面ライダーやアニメの主題歌を歌うインディーズバンド「everset」での活躍をしてきた経歴を持つ人物で実力派アーティストだ。2014年にシングル「天照賛歌」、「エメラルドグリーン」を同時リリース、2016年に3rdシングル「魂ノ歌」をリリース。アルバムは翌2015年に「GENORATION」が発表されている。どれもジャケットやタイトルはGenoの着用している緑のマスクをイメージしたものに仕上がっていてインパクト抜群だ。

21gが好きな方はこんなチケットもおすすめ