エリック・クラプトンは、ロック3大ギタリストとも呼ばれる「ギターの神様」的存在のレジェンド。エリック・クラプトンモデルのフェンダーギターはもはやブルースの定番ともされている。特に、1992年に発表したアンプラグド(Unplugged)がセールス大成功を納め、その地位を不動のものにした。エリック・クラプトン独特のブルーススタイルは、ブルースファンはもちろん、全ての音楽ファン必聴である。

エリック・クラプトンのチケット売買

エリッククラプトンのチケットの「譲ります」「譲って下さい」をつなぐ安心のチケット売買サイト。到着までチケット代金は運営預かりで安心!オークションや掲示板より簡単!定価以下のチケットは取引手数料無料!

エリッククラプトン 日程

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

エリッククラプトンの過去の取り扱いチケット

  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • 購入元
  • チケット情報
  • 送料
  • 枚数
  • 価格

エリッククラプトンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(7/29 12:00更新)

エリック・クラプトン Live情報

エリック・クラプトンの魅力を徹底解剖

その波瀾万丈の人生を回顧し、救済を乞うが如く、今日もまたEric Claptonのギターは世界中に響く。それ程までにEric Claptonという男が過ごしてきた半生は凄まじい。ヤードバーズ、クリーム時代からソロになってからも、ドラッグとアルコール、そして愛に溺れ続けたEric Claptonは、21世紀の今、どこへ向かおうとしているのだろう。チケットを手にして、一緒に探求しよう。永遠のギター・ヒーローの明日を。

70歳を目前に、流石に老いた感のあるエリック・クラプトンだが、その3分後、その老いなど見かけだけに過ぎないという事実を思い知らされることになる。Eric Claptonは、今はもうライヴに装飾など求めない。シンプルなステージ、ライティングも最小限。オープニングも、ただ普段着でふらりと現れ、一言挨拶を投げるだけ。

このギターゴッドが、ギターを手にした瞬間、一音目を出したその瞬間、会場中が固唾を呑む。一つ一つの音が、Eric Claptonなのだ。あの神様が、眼前でギターを弾いているというその現実を理解して、やっと聴衆はエリック・クラプトンの世界に浸ることが出来る。本人は至って飄々としているが、このオープニングの瞬間こそが、ライヴチケットの対価のほとんどを占めるといっても過言ではないだろう。

さあ、リラックスしながらブルージーなバンドパフォーマンスを楽しむギターゴッドと共に、あの時の名曲をあの時の心境になって堪能しよう。そして、Eric Claptonの行く先はどこなのか、思いを馳せてみよう。間違いなく、この神様の落ち着く場所はライヴしかないのだと、気付かされるはずである。

エリック・クラプトン 新着記事

エリッククラプトンが好きな方はこんなチケットもおすすめ

エリッククラプトンの来日ライブをもっと楽しもう

TOP